FacebookLineTwitterGoogle GmailEmailGoogle+共有

町田市 相模原市 大和市の整体院 予防整体施術院の院長 田中です。

そろそろ台風が多くなってきている時期です。

ぎっくり腰になり、足の前側太ももにシビレが出た患者さんが来院されました。

 

ぎっくり腰は腰の部分だけでなく、骨盤がずれることでも起こります。

そして骨盤の筋肉は後ろだけでなく前にも覆っており、そこから太ももの筋肉として前川の足に関係してきます。

筋肉だけでなく神経も走っていますので、骨盤がずれることで神経に流れも悪くなり、痛みやシビレを

誘発してしまいます。

 

この患者さんも骨盤がずれてしまい、太もも前面にシビレが出て歩くのも辛い状態になってしまいました。

骨盤をきちんと緩ませ、ようくほぐれたところで調整をしました。

シビレを軽減させますし、もちろん根本原因であるぎっくり腰も改善させます。

 

来院の時、ご家族に車に乗せてなんとかやって来ましたが、帰りはご自分で歩いて帰られました。

 

ただ、直ぐに改善する患者さんもいらっしゃいますが、とても時間がかかる方もいらっしゃいます。

またシビレはその場で直ぐに消えることは無く、翌日とか時間が経ってから消えることがあります。

 

ぎっくり腰はじっくり施術していき、改善を図るのがベストではないかと考えています。