町田市・相模原市・大和市の整体院 | ぎっくり腰・頭痛等の総合整体 | 予防整体施術院  駐車場完備 土曜日・日曜日開院

生理痛

 

生理痛の緩和に実績があります

お腹や腰が痛くて辛い生理痛を楽にしませんか?

なるべく薬に頼らない状態を目指していきます。

痛みの原因

① 子宮収縮ホルモンであるプロスタグランジンが過剰に出てしまう

プロスタグランジン」という物質は別名、子宮収縮ホルモンと呼ばれており、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれ不要になった粘膜を血液(経血)とともに体外に押し出してくれます。

子宮口が狭い

若い女性や出産未経験の女性に多く、子宮口が狭く硬くなってしまい子宮外に血液をスムーズに押し出すことが出来ない状態です。

その為より強く子宮を収縮させることを押し出そうとする為に痛みが起こります。子宮口が広がれば自然とこの痛みは無くなります。

冷えて血行不良になる

体が冷えて血行が悪くなると子宮が収縮しにくくなります。そうするとプロスタグランジンが胎盤に滞り必要以上の子宮の収縮活動が行われ、痛みが激しくなってしまいます。

ストレスによる分泌のアンバランス内

生活環境の変化等により精神的なストレスを引き起こし、それがホルモンや自律神経のバランスを崩してしまい血行不良を起こします。体温調節の機能なども低下させ、痛みが強く感じることがあります。

 

体温調節の機能なども低下させ、痛みを強く感じることもあります。

 

上記以外にも多くの原因があります。

予防整体施術院の施術方法とは

骨盤の周りが硬くなることで生理痛は引き起こされると考えています。

また丸で囲まれた箇所は「仙骨」と言い、生殖器系と関係します。当院では仙骨のズレが生理痛と関係すると考えています。

仙骨を始めとする骨盤周辺を徹底的に施術することで、つらい知り痛からの解放を目指します。

 

 

予防整体施術院の健康blog

友だち追加数

休院日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
FacebookLineTwitterGoogle GmailEmailGoogle+共有
PAGETOP