Share

前回はこれからピークを迎えるノロウィルスについて書きました。

何て言ったって、古今東西はやり始める、「インフルエンザ」を忘れてはなりません。

インフルエンザと普通の風邪は違う!

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによっておこる病気です。

インフルエンザは、のどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳といった普通の風邪の症状と似た症状もでますが、

38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、更に、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんなどを併発し、

重症化することがあるなど、普通の風邪とは全く違う病気です。

また、インフルエンザは流行が始まると、短期間に乳幼児から高齢者まで膨大な数の人を巻き込むという点でも普通のかぜとは異なります。

更に冬季は他のシーズンに比べて死亡者が多いですが、インフルエンザが流行すると高齢者での死亡率がより高くなるという点でも大きな違いが見られます

新型インフルエンザとは?

インフルエンザは、ヒトだけでなく他の動物にも感染します。通常ヒトの間で流行するインフルエンザは、ヒトとヒトの間で感染するものです。

しかし、インフルエンザウイルスの性質が変わる(変異する)ことによって、これまでヒトに感染しなかったウイルスが

ヒトへ感染するようになり、ヒトからヒトへ感染するようになります。

 

この変異したインフルエンザウイルスによって起こるインフルエンザを新型インフルエンザといいます。

 

現状では新型インフルエンザは出現していませんが、出現した場合も通常のインフルエンザの予防方法が有効と考えられています。

インフルエンザは、感染した人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と同時に放出されたウイルスを吸い込むことによって感染します。

日頃からの手洗い・うがいを心掛けること、また、栄養と休養を十分にとって免疫力を高めておくことは、インフルエンザの予防とともに

新型インフルエンザの予防にも役立ちます。

Share