坐骨神経痛

  • HOME »
  • 坐骨神経痛

 坐骨神経が圧迫されることによって生じる

「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。

坐骨神経とは腰椎4番目・5番目の

神経仙骨の前面から出て梨状筋の下を

通り、大腿後面中央を下行、膝の裏で

総腓骨神経と脛骨神経に分かれ

下肢~足裏に走行する、人体の中で最も大きい神経です。 坐骨神経痛は、

この坐骨神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を

出現させるものと言えます。坐骨神経痛を病名ではなく症状名で、その原因としては

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離辷り(すべり)症、仙腸関節炎、

梨状筋症候群、などさまざまです。

 

当院の施術への考え方

上記に書かれているように、坐骨神経は腰椎4番目・5番目の神経から出ており、この箇所が

原因と考えられます。

しかしこれまでの施術経験から、実際にはここだけが原因でない場合がとても多いように

見受けられます。

当院では独自の観点から腰椎を含めて施術することでより良い方向へと導いていきます。

予防整体施術院の健康blog

友だち追加数

休院日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FacebookLineTwitterGoogle GmailEmailGoogle+共有
PAGETOP